山陽の旅2010【尾道篇】

さて、山陽ツアー後編は、尾道 であります。

前篇 のイントロでご紹介したように、シネマ尾道さんへおじゃましてまいりました。

220_ono_CA3C0083.jpg




むかしながらの映画館を、コミュニティシネマの展開で再生するということで誕生した(かつては松竹さんの劇場だったらしい)シネマ尾道 さんは、世界をぎゅっとつめこんだ、まるでジオラマのような尾道の街同様、味わい深い劇場さんでありました。


220_ono_CA3C0081.jpg


220_ono_CA3C0064.jpg


220_ono_CA3C0068.jpg
このタイプのテケツ(チケットのことね。切符売り場です)がまだ生きているとは!


…と、エントランスまで来たところで、今日は森崎監督のご来館、そしてなんと!


220_ono_CA3C0080.jpg

森崎映画のカンバン女優、倍賞美津子さんも登場!ということで劇場さんが大盛況となっていたので、お忙しいところお邪魔になることを避けて、われらはしばし尾道散策へと出かけたのであります。


220_ono_kodomo.jpg


220_ono_CA3C0053.jpg


220_ono_CA3C0055.jpg


220_ono_CA3C0070.jpg

尾道をおとずれた誰もが見る光景 などなどを歩いていると
アーケード通りやお店の軒先に…

220_ono_CA3C0063.jpg
ほら ちゃんと街中に『ニワトリはハダシだ』ポスターが。


220_ono_CA3C0057.jpg
森崎監督特集ポスターもあちこちに。
パッと見ると渡辺文樹ポスターのような。。。しかし、森崎東です!


220_ono_CA3C0056.jpg
そう、倍賞さんもやってくる!!
翌日は山根貞男さんもいらっしゃると!


220_ono_CA3C0091.jpg


220_ono_CA3C0092.jpg
粋なデコ車もはっけん。

んで、ちょっと観光ルートを離れると…


220_ono_CA3C0152.jpg


220_ono_CA3C0153.jpg


220_ono_CA3C0154.jpg
ここ、看板も何もないけど、漁師さんがやってるラーメン屋さんだそうな。
ていうかこのねこは客寄せか?でも店は開いてない w


220_ono_CA3C0155.jpg
ここ、看板はあるけど欠けてる、漁師さんがやってる居酒屋さんだそうな。
ていうかこの漁どうぐは客寄せか?でも店は開いてない w


220_ono_CA3C0156.jpg
三階まで漁のどうぐがこぼれてる。
いや、デコレーションなのかにゃぁ?


220_ono_CA3C0158.jpg
「東京」て書いてますな。これも漁師さんが…かどうか知りません。
営業中でしたけど。


220_ono_CA3C0157.jpg
ナイス。 でも漁師さんかどうかはきけませんでした。


220_ono_CA3C0159.jpg
もちっと裏に入ると、飲屋街。これはその入り口のへん。
あ、ライブハウスもあるみたいやね。


220_ono_CA3C0160.jpg
あれ、ライブハウスの名前は「ストリート」?「sfachek」?


220_ono_CA3C0161.jpg
否、JOEBOX。前の看板はずさんのか…
ここでウチの主演のモタコはんもライブしたことあるそうです。


220_ono_CA3C0066.jpg
さて、そろそろ劇場へ向かいましょうかいね~。
ちょうど森崎監督と倍賞さんのトークがはじまる時間だて。
プロデューサー(志摩)を先頭に、おじゃましま~す。


220_ono_CA3C0086.jpg
劇場内のいちばんうしろに、むかしの映写機がどんと置いてある。
フジセンですな。このタイプ、今もギリギリ稼働してるとこあるよ。
なぜか音響機械とでかい金庫も置いてあった。いや、映写機は分かるけどもw


220_ono_CA3C0085.jpg
わーお客さんいっぱいやね。舞台の上には右に森崎監督、真ん中に倍賞さん!
…ん、そのとなりにいるのは…見慣れたウチのプロデューサーではないかね!
後ろで立ってたところを、トークの途中で呼ばれて出て行ったのでした。


いかにもな調子で森崎監督や倍賞さんや原田芳雄さんにまつわるもっともらしいトークを繰り広げる志摩プロデューサーでありますが、この30分前は….


220_ono_CA3C0071.jpg
ポスターの高倉健さんに負けじとポーズをとり。。。


220_ono_CA3C0059.jpg
「放浪記」の林芙美子氏になりきってAPに写真撮影を強要し。。。


….などと、尾道を満喫しまくっておったのですがね。。
トークも盛り上がったし、まぁええか。


ほんまは 傑作 ↓ もスクリーンで観ていきたかったけど、
時間あわず。京都で上映やりましょやぁ!
もちろん、『ニワトリはハダシだ』もいっしょにね☆

220_ono_CA3C0067.jpg


というぐあいに尾道篇終了…ト思いきや、
おさまりきれないとっておきがあるのよ。


※その頃一方、監督・柴田はというと、所用で出向いていた東京から岡山へとわれらと合流すべく道を急いでいる…はずなのであった。


ということで、次回、とっておき尾道 番外編!

This entry was posted in ロード日記. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>