映画撮影者・高木風太の巻

511_goonie_T.jpg

さて、今回はこのグーニーズTシャツを軽やかに着こなす男をご紹介しましょう。


映画『堀川中立売』の撮影を担当した高木風太です。

5月、6月と、この男が撮影した映画がたて続けに劇場公開となるので、
この2作品もあわせてご紹介したいと思います。
(『堀川中立売』の公開はこれ以降になります…)


『君と歩こう』(石井裕也監督)
5月15日より、渋谷ユーロスペースにて

『にくめ、ハレルヤ!』(板倉善之監督)
6月26日より、渋谷アップリンクXにて


偶然にも、二作とも男女の逃避行のお話。

『君と歩こう』は、『川の底からこんにちは』で注目を集める石井裕也監督の新作。昨年の東京国際映画祭日本映画・ある視点部門出品作。
みうらじゅん原作×田口トモロヲ監督『色即ぜねれいしょん』での好演も記憶に新しい森岡龍くんがへっぽこ高校生役で、『colors』『コワイ女』などの映画出演で活躍中の目黒真希さんが34才の干物女教師という設定で、ふたりが駆け落ちしちゃうと。

『にくめ、ハレルヤ!』は第2回CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の企画制作部門で制作された作品。
阪神大震災で両親を亡くした青年・裕人(苧坂淳)が震災10年後に認知症の祖母(江沢萠子)の口から妹がいたことが語られ、街で偶然沙樹という少女(藤本七海)と出会う。祖母の暗示のままに裕人は沙樹の手をとり、ふたりのあてどもない逃避行が始まる。


で、そんな2作を、気鋭の映画撮影者・高木風太がそれぞれどんなアプローチ、どのようなフレーミングで撮影しているのか?というのにもご注目いただきながら観ていただくのも面白いんじゃないかと思います。随所で垣間みられるセンスはピカイチ。きっとあちこちのショットから、胸にじわじわ伝わってくるモノがあると思いますよ。


それにしても、こうトン トン トン と撮影作品が公開されるって何かの申し合わせかしら?
いや、単なる偶然の重なりだと思うんですが、偶然は必然。
それだけ精力的に活動している何よりの証拠であります。
何か運気を持ってるのかもね。
ということで、プロフィールのご紹介。


511_teitenkansoku.jpg

高木風太(たかぎ・ふうた) 映画撮影者

1981年、京都生まれ。滋賀県の安曇川町に育つ。00年大阪芸術大学に入学(04年卒)。大学在学時よりインディペンデント映画の撮影に携わる。システマティックな撮影方法の構築よりもエモーションを重視したセンシティブな視座にこだわりを見せる。現在も関西を拠点に精力的に活動を続ける気鋭の若手キャメラマン。野球のポジションはセンター。


【参加作品履歴】(※2010年5月現在まで。すべて撮影担当)

『おちょんちゃんの愛と冒険と革命』(2004年/監督:西尾孔志/Digital/65分)
★第1回CO2エキシビジョン企画制作助成作品
★第1回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション-CO2 シネアスト・大阪市長賞

『シェアリング』(2005年/監督:清水艶/16mm/57分)
★第7回JCF学生映画祭グランプリ受賞

『革命前夜』(2005年/監督:志子田 勇/Digital/23分)
★ぴあフィルムフェスティバル2007入選

『にくめ!ハレルヤ』(2006年/監督:板倉善之/Digital/73分)
★第2回CO2エキシビジョン企画制作助成作品
★2010年6月26日よりアップリンクXにて公開

『GHOST OF YESTERDAY』(2006年/監督:松野泉/Digital/133分)
★ぴあフィルムフェスティバル2008審査員特別賞・企画賞(TBS賞)

『Yesterday Once More』(2007年/監督:松野泉/Digital/120分)
★第3回CO2エキシビジョン企画制作助成作品

『blue bird』(2008年/監督:浅川周/Digital/118分)
★第4回CO2エキシビジョン企画制作助成作品

『ブロードキャストASUKA』第10回、11回(2008年/監督:柴田剛/Digital/各22分)
★産学協同ドラマシリーズ第6弾 制作・著作:KBS京都、大阪芸術大学

『椅子(仮)』(2009年/監督:万田邦敏/10分予定)
★財団法人ベルギーフランドル交流センターによる企画で、ベルギーの名優ヤン・デクレールを迎え製作した短編作品。

『 君と歩こう』 (2009年/監督:石井裕也/製作:Breath/90分)
★2010年5月15日よりユーロスペースにて公開

『堀川中立売』 (2010年/監督:柴田剛)

『ギ・あいうえおス~図抜けた替歌~』 (2010年/監督:柴田剛/60分予定)
★2010年度愛知芸術文化センターオリジナル映像作品。2010年12月プレミア上映予定。



そして『堀川中立売』から恒例の(?)、現場スナップ大特集!
撮影部(谷くん、水本くん)の勇姿とともにどうぞ。


511_giaiueos_16.jpg 511_gion_fukan.jpg 511_horinaka_ft2.jpg 511_horinaka_ft5.jpg
511_horinaka_ft4.jpg 511_horinaka_ft7.jpg 511_horinaka_ft11.jpg 511_horinaka_ft17.jpg

 511_giaiueos_17.jpg  511_horinaka_ft6.jpg  511_horinaka_ft8.jpg 
 511_horinaka_ft9.jpg  511_horinaka_ft14.jpg  511_horinaka_ft16.jpg 
 511_sawanoike3.jpg  511_horinaka_ft3.jpg  511_sawanoike2.jpg 


This entry was posted in 制作日記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 映画撮影者・高木風太の巻

  1. 堀川中立売の撮影では、うちのゴンがお世話になりました。
    今回、自分の写真展を岡山の児島(すぐ瀬戸大橋)でやらせてもらっています。
    歩いたインド、暮らす岡山の写真です。
    すべてネガフィルムで撮影し、自宅の納屋で焼いたものです。無農薬です。
    近く通ることあれば、ぜひ覗いてください。
    岡山 自然食コタン ひで
    写真展  Have a beatiful day
    日時  7月1日~8月8日 11時~19時
    場所 D-MALL 岡山県倉敷市児島元浜2766-1  ℡086-472-8800
    ホームページ  http://event.d-mall.co.jp/
    こっちのみんな、堀川すごく楽しみにしています。

  2. hori_naka says:

    こんにちは!
    ヒデさん、お知らせありがとうございます~
    ゴンとチャーは元気ですか~?
    7/20からウチのチームが犬島の維新派公演に屋台村出店します!
    なのでタイミング次第で寄れるかも!
    またまたご連絡差し上げますー!
     TS

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>