2011年もよろしくお願いいたします。

みなさま。

こんにちは、『堀川中立売』です。

2010年が、過ぎゆきます。

あっという間のことでありました。

2008年夏に企画が立ち上がり、2009年春に撮影を行い、2009年11月の東京フィルメックスでのプレミア上映を経て、2010年6月には編集と音響を大幅にアップグレードした現状版へと変貌を遂げた本作。

色んなことがありました…でも、
あっという間のことでありました。(2度目)


『堀川中立売』は、この夏から海外、ニューヨーク、モントリオール、オランダ…と各地での上映がまわり始めました。

ニューヨークへは、監督の柴田剛、「加藤 the catwalk ドーマンセーマン」役の秦浩司をはじめ、スタッフが地球を半周ひとっ飛びして、海外の観客の衆に向けて『堀川中立売』を届けて参りました。

◎ ニューヨークの上映で、観客とのQ&Aを行なったようす。


そして、11月20日から帝都(東京)で劇場公開が始まりました。
フタを開けてみれば、途中退場者続出!反対に、リピーター続出!という、なにやら壮絶な状況も巻き起こっていますが、観る方それぞれの他の人とは違うオンリーワンな“『堀川中立売』という世界”が生成される「自由さ」を、この映画が持っているというご意見を多く頂いています。まるで、京都特有の“うなぎの寝床”が複雑に連なって形成されている街の有り様とも似た、軟体的な(アメーバ的な)とても不思議な現象になっているんだなぁ、と感じています。

やっぱり、これは観ていただかないと分からないです。手前味噌ですが。
あなたのよく知っている友だちと一緒に観たって、まったく別のものを観た!?ってことになるかもしれません。

「あれってさ、U.F.O.だったよね…?」
「え?あれってU.M.A.だったじゃん!?」

なんていう現象が起こること自体を仕掛けているような気もしてきました。この映画は!(何なんだ一体!)

というわけで、あなた自身が観ないと分からない…あなたが観たものがなんだったのか?を知っているのはあなた自身だけ…そして、もしかしたら、もう一度観てみたら別のものになっているかもしれない…!という未曽有の体験をお約束する『堀川中立売』を、帝都の皆様、是非お見逃しなきよう、よろしくお願いいたします。


帝都(東京)での上映は、ポレポレ東中野にて1月14日まで連日14:10/16:35の2回上映が続きます。

すでにチケットをお手持ちの方は、それを持って劇場へお越しください。
是非、お早めにお越しいただくことをオススメします。
というのも、昨今の劇場事情として、上映終了間際になると「どわっ」とお客様が集中することがあるのです。
そうすると、

「え?チケット持ってるのに、観れない(入れない)の?どういうこと!?」

なんていう事態が起こる可能性があります。
起こらない可能性もありますが。
しかし、起こる可能性がやっぱり充分にあるので、このようにアナウンスをいたしております。どうぞご理解のうえ、皆様の研ぎ澄まされた直感で劇場へお越しになるタイミングを見定めてくださいませ。

確実なのは、ご来場の前に劇場へご連絡いただくか、『堀川中立売』twitterにお尋ねいただければ、リアルタイムの情報をお伝えできますので、お気軽にご活用ください。

ポレポレ東中野 TEL:03-3371-0088
『堀川中立売』twitter


さらに、今後の状況経過と皆様の熱いご希望が高まれば、東京での再上映もあるかもです。劇場へのリクエスト、シマフィルムへのお問い合わせ、twitterやブログ等で皆様の声をお聞かせください。すべては皆様の体重の乗っかった支持、要望、提言、苦言、罵詈雑言あってこそであります。「好きだ!」「嫌いだ!」「よかった!」「だみだこりゃ!」何でも来い。呼ばれれば、文句だって直接聞きに参る準備はありますぜ。 

…何?金?それは返さん!


そして、関西の皆様。お待たせいたしました!
いよいよ2011年3月より関西の劇場に『堀川中立売』がかかります。

3月12日より、京都シネマでの公開を皮切りに、
3月下旬にはシネマート心斎橋
4月には神戸アートビレッジセンターで上映が連続してゆきます。

いろいろ仕掛けてゆきますので、どうぞご注目のほどを。


前売チケットは、例のおふだチケットが コチラ からご購入頂けます。
もちろん、本体1,000円です。
どしどし・ポチポチ・とゲットしてください。

お宅へおふだチケットが届いたら、おかんに捨てられないように、家の高い場所に飾っておくか、机の中に仕舞っておくよう、ご注意もお忘れなく。


また、名古屋、群馬、広島、新潟など、各地域での上映も続々と決まってきております。

◎各地での劇場情報は コチラ

で、お近くの地域での上映があるやなしや?時期はいつか?等々、チェックください。
リクエストもお気軽にどうぞ。可能なことは即実行。実行が難しいことも、みなさんと情報を共有しつつ、ご意見を伺ったり、やりとりを通してアイデアを出し合ったりして、より多くの場所での上映を実現していきたいと願っています。

…というわけでありまして。

2011年も映画『堀川中立売』を

よろしくお願いいたします。


This entry was posted in ロード日記, 新着情報. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>